Column

せいこ蟹

せいこ蟹を香箱蟹にして、蟹の殻からとったコンソメジュレと合わせた一品。その日の仕入れ状況により、白海老や雲丹を合わせてアレンジを加えていま... > more

白土のフュージョンについて

白土のフュージョンは、日本の旬をできるだけ沢山味わっていただきたいとの想いで、全国津々浦々を巡り厳選した食材で20種以上の料理をお召し上が... > more

牡丹海老 / ブランデー

牡丹海老のブランデー漬けになります。中華料理の紹興酒漬けからヒントを得てブランデーに応用し、白土オリジナルのマリネ液で軽く漬けにした一品で... > more

店内インテリアについて

お食事中は、なるべくゆったりと寛いでいただけるように。 食材へのこだわり同様に、店内インテリアも木と金木犀の素材感を意識してデザイン... > more

寒鰤 / 源助大根

天然の寒鰤にこだわって仕入れ、塩で脱水した後に臭みを取り、サッとフリットにします。源助大根をすりおろし、鰤の骨からとった出汁と合わせ白土オ... > more

ディナーについて

この季節、白土では約20品で構成されるコース、またはアラカルトからお選びいただくことができます。ディナーについては事前のご予約をお勧めして... > more

鮟鱇 / 雲丹

鮟鱇の身をブランダード(白身とじゃが芋牛乳を合わせた郷土料理)にし、雲丹と合わせたタルト仕立てに。そのまま手でお口まで運んでいただければ、... > more

器について

こんにちは、白土です。 白土では、有田焼や信楽焼、常滑焼、益子焼などのお皿、器を多く使わせていただいています。料理は、食材の美味しさ... > more

九絵 / 聖護院蕪

九絵を一週間熟成し、聖護院蕪のコンソメと合わせたスープ仕立ての一品です。とろろ昆布を溶かしながら召し上がっていただくと、より美味しさが広が... > more

Reservation

ご予約

白土はその時々に味わえる最高の素材を用いたコース料理のみを提供する8席だけの小さなお店のため、ご予約を推奨しております。お手数ですが下記よりご予約の上お越しくださいませ。

お電話でのご予約
03-6804-1278
ネットでのご予約